SEOサービスの流れ

技術的 SEO: 内部分析レポート

これは、一連の検索エンジン対策の根幹をなすものであり、最初のステップでもあります。ここでの目的は、検索エンジンにウェブサイトを検出してもらえるよう、サイトを阻害する要因を取り除くべくアクションプランを提供することです。主に右に挙げた項目における精査を行います。レポートにはその項目ごとに評価、採点、解決法を提示しています。この分析レポートにより、1)既存のランキングに悪影響を及ぼし、対応する必要があるオンサイトまたはオフサイトの問題を特定したり、2)少ない投資で高いSEO価値を得られる、SEOを素早く改善する分野を特定するという成果を得られます。

キーワード選定

キーワードとは、検索ボックスの中に入力する検索語句のこと。キーワードは、あなたのページの内容を特定できるものでなければなりません。つまり、正確にあなたのサイトの内容を描写するものであり、この情報を検索する際に、ほとんどの対象ユーザーが使うものです。

この情報を基にキーワード調査をし、その国と地域、その業界、そのウェブのコンテンツに合ったキーワードを選定します。このとき注意するのは、キーワードには検索結果の競争率、つまりキーワードが検索結果に結びつく難易度というものがあり、同義の語句でもキーワード難易度は違います。検索エンジンにおいてウェブサイトの信頼度が構築されていないときの対策は、検索件数が最も高く、キーワード難易度が最も低いキーワードを選ぶことです。

ランディングページ最適化(LPO)

ランディングページのコンテンツは、選定したキーワードに合わせて最適化していきます。これは、グーグル、ヤフーの検索結果表示における最低条件のSEO対策です。内部リンクを貼って、コンテンツとこのウェブぺージ全体との関連性を高める必要もあります。

ランディングページのコンテンツに加え、メタデータも最適化しましょう。

コンテンツ作成

コンテンツSEOは訪問者をターゲットを絞った話題を取り上げて、サイトへのアクセス量増加を図るための効果的な手段です。
潜在顧客が実際に検索に使うであろうキーワードをターゲットにして、コンテンツを作りこんでいく必要があります。

また、それぞれの記事が以下の二つの条件を満たしている必要があります。1)最善の方法で内部リンクを貼っていること 2)KPIに応じたSEO対策を行っていること

リンク獲得: ネットワーキング& 運営者直接連絡

被リンクを獲得するのは、ウェブサイトのコンテンツの質を巡って票を獲得しているようなものです。強い被リンクがあると、その分サイトの信頼性の評価が高くなり、検索エンジンの検索結果の上位に入りやすくなります。

有名なオピニオンリーダーやブロガーとして活躍するサイト運営者と幅広く接触を図るのは、非常に効果的な被リンク対策になりえます。自サイトと関連性の強いサイトで自身のページのコンテンツをアピール出来るかもしれません。

レポーティング:報告と評価

The Eggでは、弊社独自のウェブ解析ツール、Dragon Metrics (ドラゴンメトリックス)を使用し、アジア市場、海外市場においても、詳細なページアクセスデータを用いた報告書を作成しています。
また、ウェブ上の問題、リンク割れなども随時チェックし、ウェブサイトの最新の状態を常に把握し、報告します。

お問い合わせ

SEO コンサルティング

プロジェクトにおいて予期しなかったこと、ありがちな扱いきれないルーチンタスクなどを解決するためのサポートとしてコンサルティングを行っています。相談内容は、検索エンジン対策の技術面変化への対応、コンテンツSEOを実施するページの追加、検索エンジンのアルゴリズム更新に伴った新しい戦略の実施など、デジタルマーケティング関係を幅広く網羅しています。

お問い合わせ

The EggはホワイトハットSEO

弊社では、検索エンジンの裏をかいたり、ただキーワードを無作為にコンテンツにちりばめるなど安易な対策に講じるようなブラックハットSEOは、一切行いません。Google や他の検索エンジンが推奨する、検索ユーザーが求めるコンテンツを提供するためのホワイトハットSEOを実施しています。

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOは、こんなにも違います:

お問い合わせ