SEO外部・内部対策サービス

The Egg Company (株式会社ジ・エッグ) は、多言語・多国籍ウェブサイトのSEO戦略のエキスパートです。国ごと言語ごとに異なった、細やかなSEO外部・内部対策サービスをご提供しています。

1.国内SEO
2.中国SEO
3.グローバルSEO
4.東南アジアSEO

The Eggの検索エンジン最適化アプローチは他の会社と異なります。弊社では、SEOを被リンク獲得やキーワード調査を行う以上のものとして捉えています。いずれも重要ではありますが、それらの限られた要素が実際のSEOに与える影響は微々たるものにすぎないとThe Eggは考えています。The Eggは、SEO外部・内部対策を始めとするオンライン上のあらゆる側面から、さらに大きなインパクトを与えるSEO戦略を提案し続けています。

The Eggは極東アジア、東南アジア、欧米諸国それぞれの市場に精通した、ネイティブのSEOスペシャリストを有しています。このような多岐にわたる市場でのSEOでは、ローカリゼーションは選択肢の1つではなく、必然なのです。

国内SEO

日本は、世界でも類を見ないほど進化したテクノロジーを誇る国です。モバイル機器、デスクトップPC、オンラインTVなどのデバイスを通じて、広範囲に渡って検索サービスに依存しているといっても過言ではありません。

日本におけるSEOは、アメリカと中国につぐ規模で、世界のインターネットユーザーのうち、日本は3番目に大きなグループです。活発なオンラインコンシューマーを持つ成熟した基礎と、世界3位のGDPを持つ日本。この競争率の中で勝ち残るために、国内検索エンジンにおける検索市場に参入する時期がきたのではないでしょうか。

2010年末に結ばれたGoogleとYahooの提携以降、日本の検索市場を拡大し、その結果市場の90%を占めるまでになりました。Yahoo!Japanの検索結果は、Googleの検索技術を採用しているため、 日本におけるSEOは、以前にも増してわかりやすくなり、WebサイトはGoogle向けに最適化すれば良いだけになりました。また、2015年に入って、Google が国内検索エンジンシェアのトップに立ちました。これにより、海外のGoogle対策に精通しているThe Eggの長年の経験が SEOにフルに生かされることになります。

The Eggの多言語、多国籍SEO専門チームは、日本出身のSEOスペシャリストも擁しているので、日本の検索市場に参入するために欠かせない現地の専門知識と言語能力を存分に活用できます。The Eggは、内部分析レポートから、SEO内部対策に関する継続的コンサルティングに至るまで、検索エンジン対策プロセスをできるだけシンプルで痛みが伴わないようにたどっていきます。もちろん御社には、全工程の成果分析レポートをお渡しするので、弊社に安心して御社のブランドをおまかせいただけます。是非お問い合わせください。

中国SEO

アメリカの倍にもおよぶインターネットユーザーを持つ中国は、世界最速で成長を遂げている、世界最大の市場です。

個人所得(と中国オンライン環境の規模)は急速に伸び続けています。つまり、今は中国において、SEOを通じて御社の運営ウェブサイトの検索順位を向上する絶好のチャンスなのです。 中国語SEO専門チームは、上海と広州に拠点を置いています。Baidu (百度)、Haosou(好捜)そしてSogou(捜狗)のSEOを熟知しています。検索エンジンの新規開発機能や変更の分析および把握に特化しています。

The Eggは御社のサイトがヒットして、ユーザーの注目を得る方法を理解しています。 中国市場で効果的なキーワードを選択することは、単に翻訳するだけより複雑なプロセスです。中国市場は巨大で、地域ごとに大きな特色があります。The Eggは中国語の検索傾向を熟知しているだけではなく、中国全土の地域的および文化的違いを理解しています。これにより、最も訴求力の強いキーワードをターゲットにし、最も効果的な中国でのSEO戦略が実行されることを保証します。 御社のサイト検索順位を向上するようなSEO内部対策および外部SEOサービスについて、詳しくは香港または上海オフィスまでお問い合わせください。

グローバルSEO

英語圏でのSEOはThe Eggが得意とする分野の一つです。世界中の多国籍企業とパートナー関係を結び、欧米諸国のウェブページにも長年数多く携わってきているので、最先端の海外SEOにおけるノウハウを知り尽くしています。

東南アジアでは、ローカリゼーションに重点を置いていますが、欧米諸国は、市場が非常に大きくビジネス分野も広範囲にわたるため、ローカルとグローバルを合わせたグローカル対応が要となってきます。

ローカル対応で必要なことは、英語圏にあるそれぞれの国を差別化し、各自違ったSEO戦略を練ることです。検索エンジンの違い、英語の使い方の違いに対応したキーワード、好まれるウェブデザインやレイアウトの違いなど細部に注目してみましょう。

グローバル対応で大事なことは、SEO内部対策およびリンク構築などの外部SEO対策を駆使して、広い範囲での信頼性を確立することです。市場が変わると競争相手も変わってきます。まず、複数のローカル対応で競合他社を凌駕する信頼性を構築した後、波及効果でグローバルでのサイト信頼度を深め、認知度を高めていきます。

弊社では、日本、東南アジア、中国を含んだグローバル市場におけるSEOサービスを一括でご提供できます。興味のある方は是非お問い合わせください。

東南アジアSEO

インドネシア、ベトナム、タイなど、市場競争率が比較的低い東南アジア経済。確実に利益を上げていくには最適の市場でしょう。

1998年の創立以降、The Eggはこの地域の企業や個人との重大なパートナーシップを構築する努力を続けてきました。このネットワークの広さと深さにもとづき、弊社の専門知識と国際的な運営能力で、地域を限定したリンク獲得などの外部SEOを実施し、クライアントが運営する多国管轄のウェブサイト群を管理し、同時にクライアントへの問い合わせ窓口を一つにまとめます。したがって、複数にまたがる東南アジア地域に運営サイトがあるクライアントには、広域なサイト群を管理する上で伴うリスクや煩雑さをThe Eggがお引き受けします。

The Eggは現在、東南アジア地域のうち、タイ、インドネシア、ベトナム、シンガポール、マレーシア、カンボジアでSEOサービスを提供および管理しています。
この市場で、地域を限定したSEOの戦略立案およびサイト管理を請け負うサービスについては、香港の担当者にお問い合わせください。